安保関連法

憲法学者「立憲政治取り戻す国民運動委」発足

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見する「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」=東京・永田町の衆院第1議員会館で2016年1月19日、樋岡徹也撮影
記者会見する「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」=東京・永田町の衆院第1議員会館で2016年1月19日、樋岡徹也撮影

 安全保障関連法が成立して4カ月となる19日、同法に反対する憲法学者らが、「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」を発足させた。樋口陽一・東京大名誉教授ら約30人が世話人を務め、学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーや弁護士、ジャーナリスト、音楽家ら約200人が参加。月に1度集まり、立憲主義の価値を社会に発信するという。

 樋口氏らが同日、東京・永田町の衆院第1議員会館で記者会見し、「安保法制の強行成立は立憲主義を否定した民主主義の暴走だ」とする同会の声明を発表した。事務局の幹事を務める憲法学者の小林節氏は「破壊、暴走の事実を時代の目撃者として忘れることはできない」と設立動機を語った。精神科医の香山リカさんは「憲法9条だけではなく、いろんなところで(立憲主義が)ガラガラと音を立てて崩れようとしている。みんなでスクラ…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集