スキーバス転落

教え子4人が…尾木教授「宝物を失った」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バス事故で亡くなったゼミ生への思いを語る尾木直樹さん=東京都千代田区永田町で2016年1月19日、三木陽介撮影
バス事故で亡くなったゼミ生への思いを語る尾木直樹さん=東京都千代田区永田町で2016年1月19日、三木陽介撮影

 長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故で、18日に入院先の病院で死亡した法政大4年の並木昭憲さん(21)は、教師を志望し、教育評論家の尾木直樹教授のゼミに所属していた。尾木さんのゼミ生で亡くなったのは、3年の西原季輝さん(21)、林晃孝さん(22)、4年の花岡磨由さん(22)と並木さんの4人になった。「理不尽な事故で命を奪われた。命の重さを伝えたい」。尾木さんは19日、教え子の在りし日の姿や抱いていた夢について語った。

 尾木さんはこの日、学校の事故で子どもを失った親らが東京都内で開いた集会に参加。壇上で、「こんなにつらい体験は初めて」と言葉を詰まらせながら胸中を打ち明けた。その後、報道陣の取材に応じた。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1045文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集