がん10年生存率

58% 定期的受診の指針に初のデータ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5大がんの10年までの生存率と、ステージ別の10年生存率、手術を受けた人の割合
5大がんの10年までの生存率と、ステージ別の10年生存率、手術を受けた人の割合

 全国32のがん専門病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協)は、1999〜2002年にがんと診断され治療を受けた人の10年後の生存率が58.2%だったとする初の集計結果をまとめた。肝がんや乳がんなどは、治癒の目安とされる5年目以降も生存率が下がっており、長期にわたる定期的な受診が必要とされることがデータで示された。

 10年生存率は16施設の約3万5000の症例を基に算出。部位別の1〜10年目の経過や、ステージ(病期)ごとのデータも示した。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文972文字)

あわせて読みたい

注目の特集