スキーバス転落

250m手前カメラに中央線越え走る映像

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故で、事故現場から約250メートル手前に設置された監視カメラに、事故を起こしたとみられるバスが道路のセンターラインをまたいで走行する様子が映っていることが、関係者への取材で新たに分かった。後部のブレーキランプは点灯し続けていたという。映像記録の提供を受けた長野県警軽井沢署捜査本部はバスが蛇行した末に転落事故を起こした可能性が高まったとみて分析を進…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集