メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「小春穏沖津白浪」「初春花形歌舞伎」 息の合った動きで=評・小玉祥子

 国立劇場は「小春穏沖津白浪(こはるなぎおきつしらなみ)−小狐(こぎつね)礼三(れいざ)」(河竹黙阿弥作、木村錦花改修、尾上菊五郎監修、国立劇場文芸研究会補綴)の通し。

 小狐礼三(菊之助)、船玉お才(時蔵)、日本駄右衛門(菊五郎)の3人の盗賊が敵対しつつも、ついには義兄弟の契りを結んで大名、月本家のお家騒動のために力を尽くす。

 「一つ家」で礼三は娘、お才は男装の修行者として顔合わせしたのが、「吉原三浦屋」では、礼三は若旦那、…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. 7カ月乳児が市営住宅9階から転落死 母親を殺人容疑で逮捕 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです