メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台評

初春文楽公演(大阪・国立文楽劇場) 嶋大夫、哀切さ際立つ語り

 正月の国立文楽劇場は、座席の改修で、これまで以上にゆったりできる。昼の部は「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」座摩社(ざまやしろ)の段から。お染・久松を陥れようとする悪者のだまし、だまされの滑稽(こっけい)。野崎村の段は早咲きの梅が印象的で、2人の行く末を案じる人々の愁嘆はあるものの、段切りでは、お染の乗る船の船頭が川に落ちるなどして笑わせる。次の「関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)」は八代豊竹嶋大夫引退披露狂言。人間国宝の嶋大夫が、多くの門弟に囲まれ、惜しまれながら、大阪最後の晴れ舞台をつとめた。後継者の一人、呂勢大夫が床で口上を述べ、大夫は各人物を分担する掛け合い。関取の猪名川が贔屓(ひいき)の…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 三鷹の森ジブリ美術館、25日から臨時休館 新型肺炎感染防止で

  4. 特急にはねられ、60歳女性が死亡 JR佐々木駅 /新潟

  5. 名古屋高速の6料金所閉鎖 3月上旬まで 収受会社員が新型コロナ感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです