メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台評

寿初春大歌舞伎(大阪松竹座) 中車、大阪弁も酔っぱらいぶりも

 大阪松竹座の寿初春大歌舞伎は、古典味豊かな演目や新歌舞伎とともに、落語が素材の親しみやすい2演目が配された。幕ごとに雰囲気が変わり楽しめる。

 昼は「鳴神」から。龍神を封じた鳴神上人(片岡愛之助)を、雲の絶間姫(中村壱太郎)が色香で堕落させる。壱太郎の絶間姫は、勅命(ちょくめい)を受けた身ながら初々しさを失わず、愛之助は荒事の演技を力強く見せる。「枕獅子」では、中村扇雀が傾城(けいせい)弥生の踊りに恋の気分を漂わせ、後半は獅子の精で勇壮に踊る。上方落語がもとの「らくだ」は大いに笑える一幕。乱暴者の熊五郎(愛之助)=写真右、松竹提供=が、死んだ弟分の宇之助(中村亀鶴…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです