メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

インドネシア新幹線、受注失敗=平野光芳(ジャカルタ支局)

高速鉄道の新駅建設予定地。大型重機が搬入され、工事の準備が始まっていた=インドネシア西ジャワ州で先月22日、平野光芳撮影

インフラ輸出、再考せよ

 インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画(ジャカルタ−バンドン間、約150キロ)の受注競争で昨年、日本が後から参入した中国に逆転で敗れた。日本国内では「安全性や技術で優れている新幹線がなぜ」と衝撃が広がったが、敗因の分析で見えてくるのは、他国との競争を十分想定していなかった脇の甘さや、技術への過信だ。インフラ輸出の大競争時代を迎え、従来の「日本流」を見直すべきだ。

 日本政府がインドネシアで高速鉄道の売り込みを始めたのは2008年ごろ。当時、中国はようやく北京−天…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文1879文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです