メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝ドラ「あさが来た」

早くも「五代ロス」 快走の訳は…

NHKドラマ「あさが来た」の撮影に臨んだ波瑠さん(左)と玉木宏さん=奈良県橿原市今井町で2015年5月19日午後4時19分、屋代尚則撮影

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」の好調が続く。昨年9月末の放送開始以来、1週間ごとの平均視聴率は20%超を維持(ビデオリサーチ調査を基に算出、関東地区)。22日には俳優のディーン・フジオカさん(35)演じる実業家、五代友厚が最期を迎え、インターネット上では「五代ロス」の言葉も飛び交う。改めて人気の理由を探ると−−。【屋代尚則】

 女優の波瑠(はる)さん(24)演じるあさは、幕末から大正という激動の時代を生き抜いた実業家、広岡浅子がモデル。先月4日の視聴率は番組で最高となる27.2%(ビデオリサーチ調べ、同地区)。朝ドラの放送開始が午前8時に変わった2010年度以降では「ごちそうさん」(13年度後期)の27.3%に次ぐ数字だ。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです