メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

髄液漏れ

保険適用決定 患者ら「ようやくたどり着いた」

脳脊髄液減少症の治療法が保険適用となり、記者会見する患者家族の鈴木裕子さん(右)や患者会の中井宏代表=東京・霞が関の厚生労働省で2016年1月20日午後1時2分、徳野仁子撮影

 脳脊髄(せきずい)液減少症(髄液漏れ)の治療法ブラッドパッチについて、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は20日、来年度からの保険適用を承認した。国の標準的な治療と認められた。保険適用は、患者らが10年以上求め続けてきた、患者救済を進めるために越えなければならない重要なハードルだった。患者らは「ようやくたどり着いた」と喜びをかみしめた。

 厚労省の先進医療会議が14日に「保険適用が適切」と結論付け、中医協に報告した。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです