メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

髄液漏れ

保険適用決定 患者ら「ようやくたどり着いた」

脳脊髄液減少症の治療法が保険適用となり、記者会見する患者家族の鈴木裕子さん(右)や患者会の中井宏代表=東京・霞が関の厚生労働省で2016年1月20日午後1時2分、徳野仁子撮影

 脳脊髄(せきずい)液減少症(髄液漏れ)の治療法ブラッドパッチについて、厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は20日、来年度からの保険適用を承認した。国の標準的な治療と認められた。保険適用は、患者らが10年以上求め続けてきた、患者救済を進めるために越えなければならない重要なハードルだった。患者らは「ようやくたどり着いた」と喜びをかみしめた。

 厚労省の先進医療会議が14日に「保険適用が適切」と結論付け、中医協に報告した。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文971文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです