メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

ロック魂の新作派、月亭遊方 東京で勝負

月紋もかっこいい、月亭遊方さん

 関西にロックの魂を持った落語家がいる。月亭八方一門の筆頭弟子、月亭遊方(ゆうほう)さんだ。

 八方さんに入門して30年。50歳を過ぎ、もう若手ではない。それでも、落語家でつくるロックバンド「ヒロポンズ・ハイ」でギターを担当し、ローリング・ストーンズを愛する「高座のロックンローラー」だ。

 どこがロックの魂か? まず、とにかく新作を作り続けてきたこと。そして、学生時代(明治大)を過ごしたとはいえ、アウェーの東京でがむしゃらに落語会を続けてきたことだろう。

 そんな遊方さんから「東京での定期公演、『月亭遊方のCrazyナイト』にピリオドを打ちます」と連絡をいただいた。何かがありそうなので、これはうかがわないといけないと思った。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです