メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」 やさしく励ます人間賛歌=中町綾子

 NHKの新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」(1月2日)は、木皿泉ならではの脚本で、惑う人をやさしく励ます、温かく力強いドラマだった。

 木皿泉の脚本は、ドラマの主題を、何人ものエピソードを幾重にも重ねて描く。そうやって、伝えたいことをじわっと醸し出す。「富士ファミリー」で言えば、「生きているだけでいい」「人は変われる」といったことが、ふんわりと、それでいてしっかりと心に染みてくるのだ。

 舞台は、富士山の裾野にある古びたコンビニエンスストア「富士ファミリー」である。長女の鷹子(薬師丸ひ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです