メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬物依存治療へメール相談窓口 原則通報せず /和歌山

 所持・使用そのものが違法なため依存症治療に公の支援が得づらい薬物への対策の一環として、県薬務課は今月から、当事者や家族向けにメールでの相談窓口を新設した。相談の内容が違法行為についてであっても治療目的を重視し、原則として捜査機関への通報はしないという。

 県では精神保健福祉センターが長年電話相談を受け付けている…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです