メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

お帰り 嘉穂劇場で芸歴20周年記念独演会 鶴瓶さんとトークも /福岡

ゲストの鶴瓶さん(右)と楽しいトークを繰り広げたよね吉さん

 九州工大出身の落語家、桂よね吉さん(44)の芸歴20周年を記念した独演会が21日、飯塚市の木造芝居小屋、嘉穂劇場であった。ゲストに笑福亭鶴瓶さん(64)を迎え、平日の午後にもかかわらずほぼ満席の客が、上方落語の話芸を楽しんだ。

 師匠の桂吉朝(きっちょう)さん、大師匠(師匠の師匠)の桂米朝さん=いずれも故人=から1字ずつ名前をもらった、よね吉さん。学生時代に嘉穂劇場で照明のアルバイトをしていた思い出を披露し「ここで落語ができるなんて思わなかった。気持ちええです」。1席目は、途中にお囃子(はやし)の「はめもの」が入り、歌舞伎の仕草がふんだんに登場す…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです