メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

台湾政権交代と東アジア

 16日に投開票された台湾総統選は、独立志向の強い最大野党・民進党の蔡英文主席(59)が、与党・国民党の朱立倫主席(54)と野党・親民党の宋楚瑜主席(73)を大差で破り、8年ぶりに政権を奪還した。台湾はどこに向かい、東アジア情勢にどのような影響を与えるのか。日中台の専門家に聞いた。

米が中台の橋渡し役に 范世平・台湾師範大学教授

 台湾総統選で圧勝した民進党の蔡英文主席は、対中政策で「現状維持」を掲げた戦略が成功し、世論の圧倒的な支持を得た。

 中国は蔡氏の当選を想定していたが、国民党・朱立倫氏との票差を100万〜150万票程度と考えていただ…

この記事は有料記事です。

残り4266文字(全文4537文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]