メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

春画ブームの今後=野宮珠里(東京情報調査部)

性風俗を描いた江戸時代の浮世絵などが公開された「春画展」=東京都文京区の永青文庫で昨年12月、野宮珠里撮影

タブー視乗り越えて

 人間の性愛を描いた「春画」の国内初の展覧会が昨年、東京都文京区の永青文庫で開かれた。長らくタブー視されてきた春画を真正面から取り上げた画期的な企画で、老若男女を問わず幅広い層が訪れ、入場者は21万人という盛況ぶり。雑誌は相次いで特集を組み、書店に特設コーナーができるなど「春画元年」と言われる一大ブームとなった。「わいせつか芸術か」との不毛な議論を越え、今後どう向き合うのか。社会の成熟度、文化度が問われている。

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1884文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです