メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

地域包括ケア 「在宅」移行支える連携

 高齢者が住み慣れた地域でその人らしい暮らしを送るために、医療や介護、生活支援などを一体で支える「地域包括ケア」の整備が進んでいる。その中核となるのが入院した患者がスムーズに在宅医療へ移行できる医療を提供する「地域包括ケア病棟」だ。患者のかかりつけ医師や介護施設などと連携した医療を目指している。地域包括ケア病棟を運営している博愛記念病院(徳島市勝占町)の武久洋三理事長は日本慢性期医療協会の会長を務める。同病院の元木由美副院長と藤川和也副院長にその取り組みを聞いた。【聞き手は毎日新聞徳島支局長・田畑知之】

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文1854文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです