メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ大使館襲撃

イランとレバノン採択拒否 OIC声明

 【テヘラン田中龍士】イランにあるサウジアラビア大使館が2日に襲撃された事件を受け、イスラム協力機構(OIC、57カ国・機構加盟)の緊急外相会議が21日、サウジアラビアの西部ジッダで開かれた。OICは事件についてイランへの非難声明を発表したが、加盟国のイランとレバノンは声明の採択を拒否した。イラン、サウジ両国の緊張緩和に向けた解決策は示されず、イスラム諸国の連帯というOICの理念と異なる結果となった。

 国営サウジ通信によると、声明は大使館襲撃が国際法やOIC憲章などに違反すると指摘。宗教指導者を処刑したサウジ司法に対するイランの扇動的な声明を「露骨な内政干渉」と非難した。声明はまた、イランがバーレーンやシリア、ソマリアなどでも内政干渉していると非難した。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです