教科書閲覧問題

不適切行為12社 文科省調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 小中学校の教科書会社が検定中の教科書を教員らに閲覧させていた問題で、教科書会社22社のうち12社がこうした行為をしていたことが文部科学省の調査で分かった。2009〜14年度に全国で延べ5147人の教員が関わり、このうち3996人が10社から現金や図書カードなどの謝礼を受け取ったとみられる。各自治体で使用する教科書の採択に関与した教員もおり、文科省は採択への影響の有無を各地の教育委員会を通じて調べる。

 検定中の教科書を外部に見せることは文科省の規則で禁止され、採択関係者に金品を渡す行為は業界の自主ルールで禁じられているが、違反が横行していた。文科省は昨年12月、自主ルールが作られた07年以降にあった4回の検定(09年度と13年度の小学校、10年度と14年度の中学校)について、違反行為がなかったか各教科書会社に自己調査を指示していた。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文835文字)

あわせて読みたい

ニュース特集