メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

事故負傷者、心の傷癒えず

クレーン車で移動されたスキーバスと現場の散乱物を調べる長野県警の捜査員ら=長野県軽井沢町で2016年1月15日午後1時7分、本社ヘリから

 長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故は22日で発生から1週間。隣接する群馬県も含めて負傷者15人が両県の計7病院に入院したままとなっている。「誰にも会いたくない」。負傷者の中には、同乗の友人らを失ったショックで心がふさぎ込みがちになったケースも多く、生存者も心の傷は今なお癒えていない。雪に覆われた事故現場にはこの日、地元住民らが献花に訪れ、「可愛そうで仕方がない」などと話した。

 最も多い4人の重傷患者を受け入れている小諸厚生総合病院(長野県小諸市)では、家族以外は面会できない…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文822文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです