メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核検査機関

職員PCから情報流出 規制庁へ報告怠る

 核物質防護に関する研究や、原子力施設への核査察などを担う公益財団法人「核物質管理センター」(東京都)のパソコンが昨年、職員がファイル共有ソフトを無断でインストールしたことで中国のサーバーから不正アクセスを受け、データが流出していたことが22日、関係者への取材で分かった。機密情報が漏えいした可能性は低いとみられるが、情報管理のずさんさが問われそうだ。【酒造唯】

 同センターの内規では、所管する原子力規制庁へ報告する義務があったが、同センターは「核セキュリティー上の脅威は確認されなかった」と判断して報告を怠っており、規制庁が経緯を聞いている。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです