核検査機関

職員PCから情報流出 規制庁へ報告怠る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 核物質防護に関する研究や、原子力施設への核査察などを担う公益財団法人「核物質管理センター」(東京都)のパソコンが昨年、職員がファイル共有ソフトを無断でインストールしたことで中国のサーバーから不正アクセスを受け、データが流出していたことが22日、関係者への取材で分かった。機密情報が漏えいした可能性は低いとみられるが、情報管理のずさんさが問われそうだ。【酒造唯】

 同センターの内規では、所管する原子力規制庁へ報告する義務があったが、同センターは「核セキュリティー上の脅威は確認されなかった」と判断して報告を怠っており、規制庁が経緯を聞いている。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1058文字)

あわせて読みたい

ニュース特集