甘利氏疑惑

官邸は静観 与党、参院選に影響懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院決算委員会に臨み、開会前に安倍晋三首相(左手前)の言葉に笑顔を見せる甘利明経済再生担当相=国会内で2016年1月21日午後0時59分、藤井太郎撮影
参院決算委員会に臨み、開会前に安倍晋三首相(左手前)の言葉に笑顔を見せる甘利明経済再生担当相=国会内で2016年1月21日午後0時59分、藤井太郎撮影

 甘利明経済再生担当相に建設会社の依頼を受けた口利き疑惑が浮上し、自民党からは夏の参院選への影響を懸念する声が出始めた。しかし、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の司令塔が辞任する事態になれば、政権への打撃は計り知れないだけに、首相官邸は何とか甘利氏を守ろうとしている。国会で「逃げるつもりはない」と調査を約束した甘利氏は、重い説明責任を負うことになった。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で「きちんと確認したいことがあり、そのうえで説明すると甘利氏が言っている。それに尽きる」と述べ、甘利氏の対応を見守る考えを示した。公明党の山口那津男代表も党中央幹事会で「本人が説明責任を尽くすことをしっかり見ていきたい」と述べた。政府・与党側には、甘利氏が十分に説明できれば、ぎりぎりで野党の批判をかわせるという期待がある。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1106文字)

あわせて読みたい

ニュース特集