メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元情報員毒殺

「露政府が関与」…英調査委

 【ロンドン矢野純一】元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐で英国に亡命していたアレクサンドル・リトビネンコ氏(当時43歳)が2006年にロンドンで毒を盛られ暗殺された事件で、英国の独立調査委員会(公聴会)は21日、調査報告書を公表した。報告書はロシア政府の関与を指摘したうえで、プーチン大統領についても「(暗殺を)承認した可能性がある」とした。英国が対露制裁などに踏み切れば、ウクライナ問題で悪化していた英露関係はさらに悪化する可能性がある。

 調査委は真相解明を求める同氏の妻、マリーナさんの要求に応じて内務省が設置を決定。昨年1月から関係者…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです