メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スギ花粉

肌にもダメージ 水分蒸発させ、油分分泌を抑制

飛散するスギ花粉

 スギ花粉が肌の水分を蒸発させたり油分の分泌を抑えたりしてバリアー機能を低下させることを、資生堂の研究機関と科学技術振興機構などの研究グループが確認したと発表した。スギ花粉が目や鼻だけでなく、肌にもダメージを与えるメカニズムの一端が明らかになった。内容はドイツの皮膚科学に関する学術論文雑誌1月号に掲載された。

 研究グループによると、アレルギーの原因となるスギ花粉の抗原たんぱく質「クリジェイワン」を、セロハンテープで角層をはがした培養皮膚に塗ったところ、水を塗ったものに比べて皮膚からの水分蒸発量が極めて多いことが分かった。通常は角層がはがれると油分が分泌されてバリアー機能が回復するが、その分泌も少なかった。水分と油分の不足によって肌は乾燥し、肌の炎症を悪化させる。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです