大規模災害

がれき8地方で分担 環境省が処理案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省は21日、将来的に懸念される地震などの大規模災害に備え、全国の都道府県を8ブロックに分けて大量に発生するがれきの効率的な処理を目指す対策案をまとめた。

 対策案では、関東や中部、近畿など全国を八つに分け、国や自治体、民間企業などが参加する協議会を設置。その上で、協議会ごとに災害廃棄物の専門官を配置し、広域連携の役…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

ニュース特集