メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊臣秀吉

書状33通発見 重臣に指示や叱責 

 豊臣秀吉が重臣の脇坂安治(わきざか・やすはる)に送った書状33通がまとまって見つかった。内容を解読した東京大史料編纂(へんさん)所と兵庫県たつの市が21日、発表した。天下統一を進める秀吉が細かい指示を繰り返していたことが分かるという。同編纂所の村井祐樹助教は「子飼いの家臣を厳しく叱責しながら、育てた様子がうかがえる。秀吉の細かい性格を裏付けた意味でも貴重な史料」と評価している。

 安治は、秀吉が織田家最古参の柴田勝家を破った賤ケ岳(しずがたけ)の戦いの「七本槍(やり)」の一人と…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです