メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

直前80キロ走行 ギアはニュートラル

 乗客・乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、県警軽井沢署捜査本部がバスの運行記録計(タコグラフ)の記録を調べた結果、バスの速度は転落直前、時速80キロ前後に達していたことが、捜査関係者の話で分かった。現場道路の制限時速は50キロ。下り坂で運転手に何らかのトラブルが起きたか運転操作を誤り、速度超過に陥ったとの見方を強めている。乗務していた運転手2人は死亡しており、事故原因解明には時間がかかりそうだ。事故は22日、発生から1週間を迎えた。

 また、ギアがニュートラルになっていたことも車体検証で判明し、捜査本部はどの段階でなったか調べる。ニ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文875文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです