警視庁

容疑者の顔、3Dで撮影 個人特定容易に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三次元顔画像撮影装置のイメージ
三次元顔画像撮影装置のイメージ

 警視庁は来年度から、全署に専用の装置を配備し、逮捕された容疑者の顔写真を三次元(3D)で撮影する。従来から証拠資料として顔写真を撮影してきたが、3Dにすることで個人特定の精度が上がる。関与が疑われる別の事件が発覚した場合も防犯カメラの画像との照合がより細かくできるようになるという。同庁によると、3Dの撮影装置を管内全署に導入するのは全国初という。

 配備されるのは「三次元顔画像撮影装置」(幅約100センチ、奥行き約50センチ、高さ約130センチ)で、椅子に座った容疑者を正面と左右から撮影し、顔の曲面の形状を読み取って3Dで画像データ化する。一部の都道府県警本部には既に配備されている。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集