メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「役員」と「執行役員」の違い

企業小説にはおなじみ 経営の重要事項を決定するかしないのか

[PR]

カゲマル「会社組織は…」
カゲマル「会社組織は謎が多いでござる…」 ケビン「どうしたんデスカ?」 カゲマル「先日、ある会社の重役会議にそばを届けに行ったでござる」 ケビン「おそばを食べながらのミーティング、イイデスネ!」 カゲマル「そこにはいろんな肩書の人がいたんだが、『役員』と『執行役員』という人もいて……」
ケビン「何がなんだかワカラナカッタってコト?」 カゲマル「恥ずかしながら、そうでござる……。ケビン先生、解説してはいただけぬか?」 ケビン「OKデース。じっくり解説を聞いてクダサーイ!」
「会社役員」という響きに、ちょっと憧れを持ってしまう小市民のケビンです。こんにちは! カゲマル「素晴らしい。小さな憧れは生きる糧でござる」 ありがとうございます。褒められている感じはしないけど……。 さて本題。今回は「役員」と「執行役員」について解説します。いずれも企業の役職ですね。どんな違いがあるのでしょうか。 「役員」は、会社の経営に関わる人たちです。会社法では取締役、監査役、会計参与を指します。ただ、監査役、会計参与がいないケースもありますので「役員=取締役」というイメージも強いかもしれません。 取締役は、会社の重要事項や運営方針を決める権限を有しています。
一方の「執行役員」について、法律による規定は特にありません。 一般的には、会社の重要事項を決定する権限は持たず、決定事項の実行に専念します。従業員が担うこともありますが、取締役(役員)が「執行役員」を兼務する場合も。職位としては取締役の下に置かれることも多く、従業員のトップとも言えるでしょう。 ケビン「ちなみに従業員は『役員』になれませんので、昇進する場合は、一度退職する必要がアリマス」
カゲマル「目指すは執行役員でござるな」
ケビン「もちろん、『執行役員』を設置していない会社もありますから一概には言えマセンガ、出世意欲のある人は、自然とそこを目指すことにナルデショウネ」 カゲマル「さよう」 ケビン「では、まとめにイキマショウ」
今回のまとめです。 「役員」とは、「会社経営の重要事項を決定する人たち」 「執行役員」とは、「経営を担わない従業員のトップ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです