メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 疲労骨折、食生活で予防 時には日光浴びて練習も /東京

カルシウムを取れる食材を説明する高橋さん。「煎りゴマはかけるだけでいいので、手軽です」

 どこかに強くぶつけた記憶もないのに、骨が折れていた−−。いわゆる疲労骨折は、年齢を重ねていけば誰でも起こりうる身近なけがだ。ましてや、日々の練習などで足に衝撃が加わっているランナーならば、そのリスクは一層高まる。不意の骨折に見舞われないために、日ごろから骨を強くするような食生活や練習方法が重要だ。

 厳しい練習に向かい合うトップアスリートには、常に疲労骨折の危険がつきまとう。元五輪女子1万メートル日本代表の高橋千恵美さん(39)は現役時代はもちろん、引退直後も、あばら骨やくるぶしなどの疲労骨折に何度か襲われた。あばら骨が折れた時は「じわじわ痛くなり、寝返りも呼吸もできないほど。筋肉痛かなと思って病院に行ったら、骨折だと分かりました」。そしてある時、骨密度を測定したら「70代の数値」と言われ、「自覚症状はなく、本当にショックでした」と振り返る。

 そこまで体を酷使した高橋さんだったが、幸い引退から日がたち、食をはじめとして普通の生活に戻るにつれ…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1608文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです