メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

キケロのいう「まろやか」な老年期=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 年が明けてすぐ、祖母の墓参りをした。秋の彼岸には忙しくて行けず、ずっと気になっていた。妻が選んでくれた明るい色の花をたむけて手を合わせ、やっと気持ちが落ち着いた。

 祖母の記憶はたくさんあるのだが、最近ふと思い出したのが、「魚の小骨事件」である。小学生の私は、夕食のアジを食べて、のどに小骨が刺さっていることに気づく。指先を口に突っ込んでも抜けない。祖母がそばで「綿を割り箸に巻いて、くるくるせんね」と言った。私は聞こえないふりをして、ピンセットを持ち出したり、歯ブラシを使ったりした。最後に困って祖母に言われたようにやってみた。あれ不思議、小骨はあっけなく取れた。「ばあちゃん、ありがとー」と小声で言った。

 半世紀近く前の話である。あのころ年寄りは「知恵袋」だった。年を重ねた「経験」が尊敬された時代だった…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです