メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・ものがたりの道

寒い冬の日、千本通で=彬子女王

ひっそりと、懐かしい雰囲気が残る千本通。ガラスに映る世界も現実とつながっているようだ=京都市上京区で、小松雄介撮影

 千本通と言えば、もともと平安京の真ん中を貫く朱雀(すざく)大路だった通り。右京がだんだんと衰退していったことにより、都の中心が移動し、西のはずれの通りとなっていく。衰退していくということは、そこがあの世とこの世の境界線になるということ。千本通の名前は、葬送の地であった船岡山の北西にある蓮台野(れんだいの)への道に、千本の卒塔婆を立てて供養したことに由来するのだという。

 そんな少し切ない響きもある千本通。西陣の最盛期には、映画館や芝居小屋が建ち並ぶ繁華街として栄えた通…

この記事は有料記事です。

残り1374文字(全文1610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです