メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・ものがたりの道

寒い冬の日、千本通で=彬子女王

ひっそりと、懐かしい雰囲気が残る千本通。ガラスに映る世界も現実とつながっているようだ=京都市上京区で、小松雄介撮影

 千本通と言えば、もともと平安京の真ん中を貫く朱雀(すざく)大路だった通り。右京がだんだんと衰退していったことにより、都の中心が移動し、西のはずれの通りとなっていく。衰退していくということは、そこがあの世とこの世の境界線になるということ。千本通の名前は、葬送の地であった船岡山の北西にある蓮台野(れんだいの)への道に、千本の卒塔婆を立てて供養したことに由来するのだという。

 そんな少し切ない響きもある千本通。西陣の最盛期には、映画館や芝居小屋が建ち並ぶ繁華街として栄えた通りでもあるけれど、今はひっそりとたたずんでいる風情。そんな千本通で、去年あることが起こったのである。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです