メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天気

近畿、中四国の平野部でも雪の予想

 この冬で最も強い寒気が流れ込む影響で、23日夕から25日にかけて近畿、中四国の平野部でも雪が降り、広い範囲で最低気温が氷点下になることが予想される。気象庁は、路面凍結による転倒などでけが人が相次ぐ恐れもあるとして、注意を呼び掛けている。また交通への影響が懸念され、各機関が警戒を強めている。

 気象庁によると、近畿地方などの上空約1500メートルに、氷点下12度以下の強い寒気が入り込む。

 24日午前6時までの24時間予想降雪量は、近畿北部の平野部5センチ▽同山間部30センチ▽山陽の平野部10センチ▽同山間部40センチ▽山陰の平野部15センチ▽同山間部40センチ−−など。25日にかけてもさらに降雪量が増えると予想されるという。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです