メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドーマン法

米人間能力開発研究所長が東大で講演

学術セミナーで講演する米国の人間能力開発研究所のジャネット・ドーマン所長。父親で研究所の創設者、故グレン・ドーマン氏の写真を映し、その研究を振り返った=東京都文京区の東京大学伊藤国際学術研究センターで2016年1月23日、中村美奈子撮影

 「脳障害児の機能獲得・機能回復を求めて」と題した学術セミナーが23日、東京都文京区の東京大学伊藤国際学術研究センターで開かれた。「ドーマン法」と呼ばれる脳障害児の訓練方法の歩みと実践のポイントについて、米国の人間能力開発研究所のジャネット・ドーマン所長が講演。医師や学生、脳障害児の家族ら約50人が聴講した。

 同大大学院医学系研究科公衆衛生学教室の主催。ドーマン法は医学界で一般的な訓練方法ではないが、脳障害児がさまざまな機能を成人同様に獲得する方法論の一つとして、学術的な立場から話を聞く場として開かれた。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです