メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

水球ってどんなスポーツ?の巻

水中の格闘技 鍛え抜かれた肉体が魅力 男子は32年ぶりの出場

[PR]

2016年はリオデジャネイロ五輪が開催されます。 水球の男子日本代表「ポセイドンジャパン」が1984年の ロサンゼルス大会以来32年ぶりの出場を決めました。 日本ではあまり知られていませんが、 水球は欧州ではプロリーグがあるほど人気のスポーツなんです。
水球は水深2メートルのプールを泳ぎながら、 ゴールにボールを入れ、点数を競う競技です。 ボールはバレーボールより少し大きい程度で、 1チームは7人、うち1人がゴールキーパーです。 白色と青色(ゴールキーパーは赤色)の帽子を着用して対戦します。 1ゴールにつき1点が加算されます。 1試合は8分1ピリオド×4で、4ピリオドまでの総得点で勝敗が決まります。 ゴールキーパー以外が両手でボールを扱うことは反則です。 ボールを持っていない選手に乗りかかることも反則ですが、 水面下では取っ組み合いのような状態です。
水球の面白さは他にもあります。 格闘家のような鍛え上げられた肉体や 選手同士のハードなぶつかり、ゴールに入るボールの音など。 ポセイドンジャパンの注目選手は、 キャプテンの志水祐介選手とフジテレビ系人気番組 「テラスハウス」に出演していた保田賢也選手です。
水球の女子日本代表は16年3月の世界最終予選で、 リオ五輪の出場を逃しました。 水球の強豪国と言えば、米国やクロアチア、 ギリシャやセルビアなど…。 ポセイドンジャパン、決勝まで進んで、 金メダルを手にしてほしいですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです