メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

RSウイルスにご用心の巻

乳幼児の感染に注意 死に至ることも おもちゃなど消毒で予防を

[PR]

RSウイルスの感染が広がっています。 RSウイルスは世界中に分布しているウイルスの一つで、 風邪などの呼吸器の感染症の原因になります。
潜伏期間は3~5日で発熱や鼻汁などの症状が数日続き、 「ゼーゼー」といった音が、せきや呼吸と共に出ます。 通常10日前後で軽快しますが、 初めて感染発症した場合は重くなりやすい傾向があります。 また免疫力が低下している高齢者や出産前後の女性は 感染のリスクが高くなっています。 ですが特に注意が必要なのは乳幼児です。
細気管支炎や肺炎といった重篤な症状を引き起こすこともあり、 生後6カ月以内の乳児や早産の子ども、 基礎疾患のある子どもは重くなりやすいのです。 最悪の場合、脳症や死に至る可能性も。 呼吸が荒くなったりミルクを飲む量が減ったりしたら、 すぐに受診しましょう。 感染しないための対策も必要です。 うがい手洗いはもちろんのこと、風邪が流行している 時期に人混みに連れていくことも控えた方がいいでしょう。
高額ではありますが、予防薬の注射も 重症化を防ぐことに有効です。 家族間でも感染しやすいため、おもちゃやドアノブを 消毒することも効果的。 RSウイルスは感染力が強く、2歳までに100%感染すると 言われています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです