メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

on・the・road

自転車 ツール・ド・とちぎ イベントで県を元気に 実行委の設立総会 /栃木

 県内全域をコースとした国際的な自転車ロードレース大会「ツール・ド・とちぎ」の実施に向け、実行委員会の設立総会が23日、宇都宮市内であった。会長にはNPO法人「ツール・ド・とちぎの会」理事長の喜谷辰夫氏が就任。「県内は自転車で走るには良いコースが数多くあり、それを生かした大会となる。県全体を元気にするようなイベントを目指して頑張りたい」と抱負を語った。【田内隆弘、加藤佑輔】

 ツール・ド・とちぎは国内外の20チーム、100人規模での実施を想定。第1回大会は2017年3月31…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです