メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

シャラポワ復活支える(その1) 進化するトレーナー

 2014年6月、テニスの全仏オープン。ロシアのマリア・シャラポワ選手(28)は2度目の栄冠に輝くと、「このトロフィーをカットして、みんなで分けたい」と喜びを表現し、コーチらチームの一人一人に感謝した。その中に日本人トレーナーの名前があった。

 「ユタカ。ここにいないけれど、私を強くし、クレーの上でスライドできるようにし、このトロフィーを再び抱えられるようにしてくれて、ありがとう」。米フロリダ州の自宅で、テレビ観戦をしていた中村豊さん(43)は胸が熱くなった。11年末からシャラポワ選手の専属フィジカルトレーナーを務め、俊敏性や持久力の向上を目指してきた。

 04年、シャラポワ選手は17歳でウィンブルドン選手権を制覇。翌年、世界ランク1位に上り詰めた。18…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文891文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです