メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

じっくり熟成させるニット 大三(福島県伊達市)

社員の半数が20代。北島彩美さん(手前)は重要な作業を任されている=福島県伊達市の大三で2016年1月13日、野村房代撮影

 <ファッションの匠(たくみ)>

大三(だいさん)

 福島県中通り北部の伊達市は、国内有数のニット産地だ。しかし海外生産に押され、生産量はピークだった1970年代の100分の1まで落ち込んだ。追い打ちをかけたのが、5年前の東日本大震災で起きた東京電力福島第1原発事故。市南部の一部地域が50キロ圏内にあり、流通が一時遮断されたためだ。

 1967年創業の大三は震災で数千万円の被害を受けたが、三品清重郎(みしなせいじゅうろう)社長(58…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです