メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

じっくり熟成させるニット 大三(福島県伊達市)

社員の半数が20代。北島彩美さん(手前)は重要な作業を任されている=福島県伊達市の大三で2016年1月13日、野村房代撮影

 <ファッションの匠(たくみ)>

大三(だいさん)

 福島県中通り北部の伊達市は、国内有数のニット産地だ。しかし海外生産に押され、生産量はピークだった1970年代の100分の1まで落ち込んだ。追い打ちをかけたのが、5年前の東日本大震災で起きた東京電力福島第1原発事故。市南部の一部地域が50キロ圏内にあり、流通が一時遮断されたためだ。

 1967年創業の大三は震災で数千万円の被害を受けたが、三品清重郎(みしなせいじゅうろう)社長(58…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです