メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
ファッションの匠

じっくり熟成させるニット 大三(福島県伊達市)

社員の半数が20代。北島彩美さん(手前)は重要な作業を任されている=福島県伊達市の大三で2016年1月13日、野村房代撮影

 <ファッションの匠(たくみ)>

大三(だいさん)

 福島県中通り北部の伊達市は、国内有数のニット産地だ。しかし海外生産に押され、生産量はピークだった1970年代の100分の1まで落ち込んだ。追い打ちをかけたのが、5年前の東日本大震災で起きた東京電力福島第1原発事故。市南部の一部地域が50キロ圏内にあり、流通が一時遮断されたためだ。

 1967年創業の大三は震災で数千万円の被害を受けたが、三品清重郎(みしなせいじゅうろう)社長(58)は「仕事が来るのを待っているだけではだめ」と、独自商品の開発に励んできた。その一つが、県ニット工業組合で来年商品化予定の「だて染(ぞめ)」だ。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです