サッカーU23

日本vsイラク

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
2016年1月26日(火)
日本2

1-1

1-0

1イラク

久保(前半26分)

原川(後半45分+3)

得点者サード(前半43分)
試合終了間際、原川(右)が勝ち越しゴールを決める=カタール・ドーハで2016年1月26日、山本晋撮影
試合終了間際、原川(右)が勝ち越しゴールを決める=カタール・ドーハで2016年1月26日、山本晋撮影

<写真特集はこちら>

日本が五輪出場 6大会連続10度目

 【ドーハ大島祥平】サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権で日本は26日、準決勝でイラクを2―1で降し、6大会連続10度目の五輪出場を決めた。

 アジアの五輪出場枠は3で、決勝に進んだ2チームと3位決定戦の勝者が出場権を獲得。日本は1次リーグから準決勝まで5連勝で五輪切符を手にした。準決勝のもう1試合は韓国が開催国のカタールに3−1で勝ち、8大会連続10回目の五輪出場。日本と韓国は30日夜の決勝で対戦する。イラクとカタールは最後の五輪切符を懸けて29日の3位決定戦に臨む。


【試合終了】

後半45分+5

【日本】中島→豊川

後半45分+4

【イラク】N・ムスタファに警告

後半45分+3

【日本】右サイドから南野がクロス。GKがパンチングで弾くもこぼれ球を原川が左足でネットに突き刺す。日本勝ち越し

後半45分+2

【イラク】H・アリ→マジン

後半44分

【日本】浅野とのパス交換でペナルティーエリア左深くに侵入した原川がクロス。しかしゴールラインを割ってしまう

後半40分

【イラク】W・アムジェド→フマム

後半37分

【イラク】右サイドからW・アムジェドがクロス。N・ムスタファが右足で合わせるも枠の外

後半36分

【日本】南野に警告

後半33分

【日本】久保→浅野

後半31分

【イラク】左CK。ふわりとしたボールを送るも櫛引がキャッチ

後半23分

【日本】鈴木→オナイウ

後半22分

【イラク】マハディ→バシャル

後半21分

【イラク】ペナルティーエリア深くに侵入したマハディがクロス。しかしDFがクリア

後半13分

【日本】右サイドから室屋が鋭いクロス。しかしDFがクリア

後半12分

【日本】久保がミドルシュートを放つも枠の上

後半5分

【イラク】A・アムジェドがミドルシュート。しかしGK櫛引がセーブ

【後半開始】


【前半終了】

前半43分【イラクGOOOOOOAL】

【イラク】右CK。ニアサイドでDFがクリアしたボールがゴールへ向かうもGK櫛引がセーブ。ルーズボールになったところをサードがヘディングシュート。これは櫛引が防ぐも、こぼれ球を再びサードが頭で押し込みイラク同点

前半39分

【イラク】右サイドからクロス。しかしDFがクリア

前半37分

【日本】カウンターから左サイドを抜け出した久保がアーリークロス。しかし中央の鈴木には合わない

前半32分

【イラク】ショートコーナーからW・アムジェドがカットインしてシュート。しかし枠を外れる

前半30分

【日本】南野のスルーパスからDFラインの裏に抜け出した鈴木がシュート。しかし枠の外

前半26分【日本GOOOOOOAL】

【日本】カウンターから左サイドを突破した鈴木がグラウンダーのクロス。久保が右足で決めて日本が先制

前半20分

【日本】ペナルティーエリア右で久保がドリブル突破を試みるもDFがクリア

前半14分

【イラク】ペナルティーエリア左でパスを受けたマハディが左足でシュート。しかし枠を外れる

前半12分

【日本】山中の右CK。GKがパンチングでクリア

前半5分

【イラク】H・アリが右サイドからグラウンダーのクロス。しかしDFがクリア

前半2分

【日本】山中の右CK。ファーサイドで植田が頭で折り返すもGKがキャッチ

【試合開始】

日本のボールでキックオフ


南野(左)とイラクのモハナド
南野(左)とイラクのモハナド

勝てば五輪決定のイラク戦 スタメン発表

 サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権は26日午後10時半(日本時間)からカタール・ドーハで、日本代表が決勝トーナメント準決勝でイラクと対戦する。

 勝てば6大会連続10回目の五輪出場が決まり、負ければ五輪出場権をかけてカタール-韓国の敗者との3位決定戦に回る。

 先発が発表され、イラン戦から4人を入れ替えた。左足付け根に違和感を訴えていたMF遠藤、過去のイラク戦で2得点したFW南野はスタメンに選ばれた。

 イラクはアジアでこの世代最強と言われる強敵。手倉森監督の就任以来、2戦2敗と分が悪い。日本がイラクに敗れてアジア予選を突破できなかった2013年のU20ワールドカップで4強入りし、14年のU22アジア選手権でも準々決勝で日本を降して優勝している“因縁の相手”でもある。

 今大会は1次リーグC組を韓国と引き分けて得失点差で2位通過し、準々決勝のアラブ首長国連邦(UAE)を降して準決勝に進んだ。中東勢に共通するロングボールとスピードを生かした個の突破が持ち味。シンプルな攻撃でもフィジカルが強く、強引にゴールを決めてくる。これまでの4戦でサウジアラビア戦のPKでの1失点しか許していない日本の守備陣が、パワープレーを得意とするイラクをどう抑えるかも注目される。

 両チームとも準々決勝は延長戦に突入して120分間戦ったが、日本は中3日に対し、イラクは中2日。コンディションで優位に立つ日本は先制して冷静にゲームをコントロールしたいところだ。

 決勝トーナメントは90分で勝負がつかない場合は15分ハーフの延長戦を実施し、決着がつかない場合はPK戦となる。【デジタル編集部】

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)▽DF:植田直通(鹿島)、山中亮輔(柏)、室屋成(明治大)、奈良竜樹(川崎)▽MF:遠藤航(浦和)、原川力(川崎)、中島翔哉(FC東京)▽FW:鈴木武蔵(新潟)、久保裕也(ヤングボーイズ)、南野拓実(ザルツブルク)

あわせて読みたい

注目の特集