メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石油ファンヒーター

台湾で人気の家庭用製品は新潟製

ダイニチ工業が台湾に輸出している石油ファンヒーター=同社提供写真

 ダイニチ工業が製造・販売している家庭用石油ファンヒーター「ブルーヒーター」が台湾で、富裕層を中心に人気を集めている。沖縄より南に位置する台湾では通常、暖房器具を使用する必要はほとんどないというが、同社は2014年度、約5000台のヒーターを現地に輸出した。沖縄で業界全体で販売されているファンヒーターは年間約1000台といい、5倍を台湾で売った計算だ。

 台湾の富裕層は夏の暑さをしのぐため、台北周辺の標高300〜500メートル程度の高地に自宅を構える人が少なくない。夏は涼しくて快適でも、冬はより寒くなるため、暖房が必要になる。現地製の暖房器具があるものの、電気ストーブや、芯に灯油を染みこませて火をつける芯式のストーブが主流だ。ダイニチの石油ファンヒーターは、電気ヒーターを使い灯油を気化させて燃やす。着火までにかかる時間は40秒程度と、芯式などが数…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです