中国

イランに高速鉄道 首脳会談合意、原発2基輸出協議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【テヘラン田中龍士】中東歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、イランの首都テヘランでロウハニ大統領と会談し、関係強化を確認した。両国は、中国がイランの高速鉄道を整備し、資金を支援することなど、幅広い分野での協力を目指す17の合意文書に署名した。文書には、核エネルギーの平和利用協力も明記。中国は原発2基の輸出に向けた協議をイラン側と続けている。イラン核問題に関する制裁解除後、外国元首のイラン訪問は初めて。

 イラン大統領府によると、ロウハニ師は会談で「中国は、苦しい時期も常にイランを支持してきた。両国関係をさらに発展させるべきだ」と述べた。合意文書には中国が提唱する欧州に至る経済圏構想「一帯一路」などでの協力も盛り込まれた。イランは制裁で疲弊した経済再建に向け、中国からの投資などで経済協力を期待している。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文810文字)

あわせて読みたい

注目の特集