メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

イランに高速鉄道 首脳会談合意、原発2基輸出協議

 【テヘラン田中龍士】中東歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、イランの首都テヘランでロウハニ大統領と会談し、関係強化を確認した。両国は、中国がイランの高速鉄道を整備し、資金を支援することなど、幅広い分野での協力を目指す17の合意文書に署名した。文書には、核エネルギーの平和利用協力も明記。中国は原発2基の輸出に向けた協議をイラン側と続けている。イラン核問題に関する制裁解除後、外国元首のイラン訪問は初めて。

 イラン大統領府によると、ロウハニ師は会談で「中国は、苦しい時期も常にイランを支持してきた。両国関係をさらに発展させるべきだ」と述べた。合意文書には中国が提唱する欧州に至る経済圏構想「一帯一路」などでの協力も盛り込まれた。イランは制裁で疲弊した経済再建に向け、中国からの投資などで経済協力を期待している。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです