メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

あでやかで妖艶/じょんからはロック=専門編集委員・川崎浩

あでやかで妖艶

 「あでやか」とか「妖艶」とか、演歌に似合う形容詞がある。2月4日まで東京・明治座で、泉鏡花「日本橋」原作、川口松太郎脚本の「日本橋春秋」が、伍代夏子、藤あや子の共演で公演されている。まさに、あでやかで妖艶である。舞台にはカタカナでは表せない美意識が存在する。

 といっても、藤の音楽趣味はボンジョビやエアロスミスである。が、発売されたばかりの新曲は、北島三郎(原譲二)の詞・曲・プロデュースの「夕霧岬」(ソニー)。どんなバランスの中で生きているのか。

 「私、振り幅が広いの。新曲は、民謡の声を使った。技をそこで見せて、全体をスムーズにまとめる」。この…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです