メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forever・タカラヅカ102

102周年幕開け公演、宙組「シェイクスピア」 トップスター・朝夏まなとが熱演

宙組公演「シェイクスピア」で、紙とペンを手に歌う朝夏まなと(右)=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2015年12月30日、宮武祐希撮影

作家の生きざま、情熱的に

 世界中で愛されるシェイクスピアの名作は、彼の人生経験を基に生まれた−−。宙(そら)組大劇場公演「シェイクスピア〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉」は、そんな仮説に基づいて描かれている。「ロミオとジュリエット」などの劇中劇を交えながら、トップスターの朝夏(あさか)まなとがシェイクスピアの生きざまを情熱的に演じている。

 「(演出家や作曲家の)先生たちに作品を生み出す時はどんな感じなのかを聞いて回りました。未知の領域で…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです