メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家バンク制度

情報を希望者へ 飯能市、3月から /埼玉

 人口減少に伴う空き家増加問題に対応するため、飯能市は3月1日から「空き家バンク制度」を実施することにし、26日に県宅地建物取引業協会彩西支部(狭山市)と協定を結ぶ。

 同制度は、空き家の売却などを希望する市民らから提供された情報を空き家の利用を希望する人に紹介するもの。県内市部では秩父市が最も早い5年前から実施しているほか、羽生市、坂戸市なども採用している。

 飯能市では、山間地域だけでなく市内全域で空き家が増加中という。市企画調整課によると、2013年度の…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文560文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです