メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家バンク制度

情報を希望者へ 飯能市、3月から /埼玉

 人口減少に伴う空き家増加問題に対応するため、飯能市は3月1日から「空き家バンク制度」を実施することにし、26日に県宅地建物取引業協会彩西支部(狭山市)と協定を結ぶ。

 同制度は、空き家の売却などを希望する市民らから提供された情報を空き家の利用を希望する人に紹介するもの。県内市部では秩父市が最も早い5年前から実施しているほか、羽生市、坂戸市なども採用している。

 飯能市では、山間地域だけでなく市内全域で空き家が増加中という。市企画調整課によると、2013年度の国の住宅土地統計調査で同市の「利用目的のない空き家」は1930戸。5年前の調査より790戸も増えており、増加ペースは上がっているという。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです