メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

ゲスの極み=山田孝男

 写真と録音による立証は完璧だが、告発の意図と手法に疑問がある。

 甘利明・経済再生担当相(66)と秘書に、計1200万円のワイロが流れたという「週刊文春」(1月28日号)の特報だ。

 違法な金銭授受は間違いなさそうだが、その意味と背景について、正確に見定める必要がある。

     ◇

 −−山東昭子

 といえば、元参院副議長で、自民党山東派の会長である。当選7回、73歳。その山東が、「週刊文春」発売日の21日、同派の定例総会でこう言った。

 「ゲスの極みというような感じで、まさに、両成敗でただしていかなければならない気がする」

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです