メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大宅壮一文庫

ネットで苦境

刊行中の雑誌約1000種類のバックナンバーをそろえる大宅壮一文庫の書庫=東京都世田谷区で、青島顕撮影

 廃・休刊も含め約1万種類の雑誌計約76万冊を所蔵する雑誌専門図書館「大宅壮一文庫」(東京都世田谷区)が赤字に陥っている。「調べ物は手間をかけずにインターネットで」という流れが進み、利用者減に歯止めがかからない。

 博覧強記で知られた評論家、大宅壮一氏(1900〜70年)の蔵書を元にして自宅跡に71年開館した。明治時代の雑誌もある一方、刊行中の雑誌約1000種類のバックナンバーをそろえる。原則として選別せずに何でも収集する。生前に「重要なものだけを取るようにしたらどうか」と聞かれた大宅氏が、「重要か重要でないかを誰がどうして決めるのかね」と答えたというエピソードがある。

 豊富な索引機能も特徴。大宅文庫によると、目次からだけでなく、本文を丹念に読んでキーワードや人名を拾…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです