メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒れる米国

大統領選/2 対テロ戦、揺れる世論 元海兵隊員、再び戦地へ

民兵として過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いに加わった元海兵隊員のジャーミー・レーンさん=米ネバダ州ラスベガスで2016年1月19日、長野宏美撮影

 「クルド人を助け、悪魔を倒すときだけ、良いことをしているという充実感を感じる」。クルド義勇兵からもらったスカーフで頭を覆ったジャーミー・レーンさん(29)は、過激派組織「イスラム国」(IS)戦闘員の遺体から奪ったナイフを見せ、つぶやいた。

 レーンさんはイラク戦争を戦った元米海兵隊員。昨年1〜5月、シリアのクルド人民防衛隊(YPG)に民兵として加わり、ISと戦った。

 イラクとシリアに広がるIS。その戦闘員を何人も機関銃で撃ち殺した。「非人道的なISはゴキブリと同じ…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです