メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野生サル

撃退にGPS活用…位置特定し威嚇、共存図る

山中でサルの気配を感じ、エアガンを構える参加者ら=山梨県南アルプス市で2016年1月24日、後藤豪撮影

 野生のサルが農作物を食い荒らす被害を防ぐため、GPS(全地球測位システム)を使ってサルの群れの位置を特定し、エアガンなどで威嚇して群れを移動させる試みが、山梨県南アルプス市で始まった。サルを殺処分せずに人間への恐怖心を持たせて元の生息圏に戻す、全国的にも珍しい取り組みという。参加者は「サルと人間が共存するため、こうした動きが広まれば」と期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  2. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです