メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録的寒波

九州各地氷点下、長崎積雪17センチ

雪が降り積もった平和祈念像前で遊ぶ子どもたち=長崎市で2016年1月24日午前10時13分、樋口岳大撮影

 西日本を中心に上空に氷点下15度以下の寒気が流れ込み九州・山口地方は24日、各地で記録的な大雪となった。鹿児島県・奄美大島では115年ぶりに降雪を観測し、沖縄県の久米島で39年ぶり、名護市で初のみぞれが観測された。除雪作業中の事故などで新潟、青森県で4人が死亡。九州・山口では重体1人を含め少なくとも約90人が負傷した。25日も厳しい寒さが続く見込み。

 気象庁によると、24日午後5時までの積雪は、長崎市で観測史上最高の17センチとなったほか、鹿児島県伊佐市27センチ鹿児島市10センチ▽山口市9センチ▽佐賀市6センチ▽福岡市1センチ−−となった。佐賀市では横断歩道を渡っていた80代女性が転倒し重体。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです